« 鍾乳洞「井倉洞」へ | トップページ | ある日々のゴミグモ »

2017年8月13日 (日)

遊覧船にて浜坂海岸ジオパークを巡る

6月中旬、山陰海岸浜坂で、グラスボート(海の中を見ることができる遊覧船)に乗り、海岸をずっと巡ってきました。

042_2 047_2

山肌を波が荒い、様々な岩がむき出しむきだしとなっているのが魅力的で、その成り立ちをみることができます。

050 055

次の画像の岩山をぐるっと回ると黒っぽい岩の部分が縦に走っていました。これは溶岩が岩に入り込んで固まったところだそうです。

056 058

打ち続づけた波の威力が見えたり、地球の活動の息吹を感じることができ、海岸線はとても魅力的です。次の画像の矢印の部分は赤い溶岩が入り込んでいます。また。右の画像は白い部分を見せています。

071 072

次の画像も赤い部分と白い部分を確認できます。

075 076

次の画像、左は白い部分を、また右の画像は洞穴が開いています。波の威力で岩盤の弱い部分に穴が開いたのでしょう。

078 079

つぎの画像は→の部分に縦向きに黒い溶岩が入り込んでいます。

080_2
オレンジ色の矢印の先を大きくしてみました。なんと、釣り人がいます。

080ボートで渡ってきたのでしょうか。あたりにボートなど見当たらないので、ここまで運んでいただいたのかもしれません。

083海岸の近くに集落が見えました。三尾という村です。この集落には一昨年、県立大学ジオパーク講座で来たたことがあります。陸の孤島のようなイメージがありました。まさか今日、海側からこの集落を見るなんて思ってもいなかったので、感動でした。

次の画像2枚は一昨年のジオパーク講座で三尾集落から撮ったものです。集落より少し離れたところに大島と呼ばれている島があり、神社もありました。この大島の岩肌がすごいものでした。

038 106_2

以下4枚は今年のこのグラスボートで撮った大島の画像です。

084 085

大島の次の画像の右はネットからお借りしました。この島には三尾集落からは船でないと渡ることができません。神社があるのでしょうね。鳥居が見えます。

087 Ggphoto_mio21

次の画像は波がっ作った洞窟のようです。

089 092

岩の斜めの層が確認できます。

094 097

波の作った洞窟がありました。次の画像のオレンジの矢印は縦向きに黒く太いい溶岩の流れが走っています。また、黒い溶岩のようなものは岩のあちこちに見えます。

096_4右側の画像は波の作用によるとみられる丸い穴が開いている部分がありました。

099

107右の白い矢印の先に何か白っぽいものが写っています。この部分を大きくしてみました。やはり釣り人でした。釣れたのか釣れなかったのかわかりませんが、彼は移動しているようです。

107_3

109_2
グラスボードでしたが、海底は良く見えず、時折、小さな魚が見えただけでした。
でも波の作用による岩の浸食などはとても魅力的でした。

今度は鳥取県の海岸線を見に行こうと思います。

|

« 鍾乳洞「井倉洞」へ | トップページ | ある日々のゴミグモ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/458547/71413506

この記事へのトラックバック一覧です: 遊覧船にて浜坂海岸ジオパークを巡る:

« 鍾乳洞「井倉洞」へ | トップページ | ある日々のゴミグモ »